株式会社 太陽画廊

織田広喜・広比古油絵展 2009年11月11日(水)~17日(火)

この度、織田広喜・広比古洋画展を開催いたします。
父である広喜先生は、昭和中期から平成の現在まで第一線で活躍される偉大な作家です。
また次男である広比古先生も光溢れる才能を若い時から遺憾なく発揮されておられましたが、大変残念なことに今年5月に、昨年より滞在されてこよなく愛されたパリにてお亡くなりになりました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 

広喜先生の新作と広比古先生がパリで描かれた作品を中心にした、二人の素晴らしい芸術家による油絵展です。
是非この機会にご高覧くださいますようお願い申し上げます。
<阪神/大阪>

日展会員就任記念 北斗一守日本画新作展 2009年10月8日(木)~14日(水)

気鋭の日本画家北斗一守氏の日展会員就任を記念して、氏の地元・大阪守口で新作展を開催いたしました。
四季折々の情景を繊な独自の切り口で表現した作品約20点を展観いたしました。
<京阪/大阪>

日本美術院同人就任記念 齋藤満栄展―良寛に魅せられて― 2009年10月8日~13日

この度、日本美術院同人の日本画家・齋藤満栄先生の新作展を開催いたします。
昭和23年旧豊栄市に生まれ、多摩美術大学で新潟出身の横山操先生に学び、その後も堅山南風先生、松尾敏男先生に師事され数々の受賞を重ねて日本美術新同人に推挙されました。
本展では昨年4月より1年間新潟日報に連載された「わたしと良寛」の原画12点と併せて最新作品を一堂に展観いたします。
この機会に是非ともご高覧ください。

 作家来場 10月8日(木)・12日(月・祝)・13日(火)
作家ギャラリートーク 10月10日(土)・11日(日)・12日(月・祝)14:00~
※都合により予定に変更が生じる場合がございます。
<大和/新潟>

平井利明油絵展 2009年8月9日(水)~25日(火)

この度、大阪にて「平井利明 油絵展」を開催させて頂きます。
昨年の個展にてご好評を頂きました駿馬たちの疾走する風景を中心に、外国風景・国内風景をまじえた新作など合わせて30余点を一堂に展覧し、先生の描く「今」をうかがいます。
何卒、この機会にご高覧賜りますようお願い申し上げます。

<阪神/大阪>

大森正哉 日本画展 2009年7月15日(水)~21日(火)

大阪では二度目となります「大森正哉 日本画展」を開催いたします。
大森正哉先生は京都市立芸術大学大学院をご卒業後、上村淳之先生の指導のもと「唳禽荘」(約280種1800羽以上の鳥を飼育)で実際に鳥達の世話をしながらスケッチをかさねてこられました。
今展では、いにしえのエジプトの古代文明に生活したたくさんの鳥達を想い、沖縄西表島に取材した南国ならではの香り、彩りをほこる花や鳥達など、独自の視点、構想でいどまれた花鳥画の新作約30点を一堂に展覧いたします。この機会に是非ご高覧賜ります様ご案内申し上げます。

<阪神/大阪>

2009院展の気鋭 8人展 2009年5月13日(水)~19日(火)

次代の日本画に新しい風を吹き込む8人の先生方による新作展です。
 清水 由朗
 武部 雅子
 谷  善徳
 仲  裕行
 番場 三雄
 宮北 千織
 山田  伸
 吉村 誠司
(敬称略・五十音順)
<大沼/山形>

鬼塚堅太 日本画新作展 2009年4月15日(水)~21日(火)

1977年に熊本県生まれ、東北芸術工科大学卒業。同大学院を修了した気鋭の若手作家、鬼塚堅太さんの初個展を開催いたしました。
在学中より院展に入選するなど頭角を現し、その将来を非常に期待されています。
じっくりと自然に向き合ったなかから生まれた、清々しい才能を是非ご高覧下さい。
現在、日本美術院院友。
<大沼/山形>

日本歳時記・平松礼二展 2009年3月11日(水)~17日(月)

ジャポニズムシリーズの屏風・大作及び新作小品50点に加えて「文藝春秋」昨年一年分の表紙原画を展観いたしました。

3/14(土)・15(日) 作家来場
15日13:30より、会場にてギャラリートーク開催
最終日は午後4:00まで

<大和/富山>

―卒寿記念―齋藤清策日本画展 2009年3月11日(水)~16日(月)

砺波市在住の日本画家・齋藤清策先生の新作・回顧展。
50年以上に渡る画業の中で、遅咲きにして平成の若冲と謳われる絢爛豪華な花鳥画、及び地元富山の風土を過去の日展出品大作と合わせ約50点を展示いたしました。
<大和/高岡>

―自然の中にただよう詩情―辰巳文一展 2008年11月18日(火)~24日(月)

50号からSMまでの新作40点を展観いたしました。
<太陽画廊/大阪>

Top