株式会社 太陽画廊

隼の会―はるかな地平から― 2012年7月23日(月)~28日(土)

この度、太陽画廊にて俊英若手日本画家達によるグループ展「隼の会―はるかな地平から―」を開催致します。
今展では、狩俣公介・鈴木恵麻・東儀恭子・野地美樹子・廣瀬貴洋・松村公太の作品を展観致します。(敬称略・五十音順)

<太陽画廊/大阪>

村上裕二日本画展 2012年5月16日(水)~22日(火)

日本美術院同人として未来の日本画を担うべく活躍される村上裕二先生の新作展を開催いたします。
ノスタルジックな異国の風景や懐かしい昭和の思い出。
独自の力強い色彩と構図で織り成す世界の魅力と絵の力を余すところなく感じ取れる珠玉の作品を是非この機会にご高覧ください。

<大丸心斎橋/大阪>

―四季の詩―牧 進 日本画展 2012年2月16日(木)~21日(火)

現代日本画壇の重鎮・牧 進先生。長年の研鑽により築かれた繊細優美なる作品。50号、80号の大作も合わせ20余点を展覧いたします。

<大和/高岡>

第5回 涛の会 2011年10月3日(月)~8日(土)

Now Printing

次代を担う院展中堅主力作家による描き下ろし新作日本画展
梅原 幸雄
倉島 重友
清水 由朗
高橋 天山
西田 俊英
松村 公嗣
吉村 誠司
(敬称略・五十音順)
<太陽画廊/大阪>

第二回 錦虹会 2011年9月26日(月)~10月11日(土)

Now Printing

光彩如錦虹との展覧会名にちなみ、七名の先生方に新作をお願いして、第二回「錦虹会」を開催いたします。

岩倉  壽
上村 淳之
清水 達三
土屋 禮一
那波多目功一
中路 融人
松尾 敏男
(敬称略・五十音順)

<太陽画廊/大阪>

SKY LIGHT―都市の情景― 清水由朗日本画展 2011年4月13日(水)~19日(火)

日本美術院同人として活躍される清水由朗先生の新作展を、大丸松坂屋名古屋店を皮切りに、大丸神戸店・大丸心斎橋店と巡回いたします。
開催地である名古屋・神戸・大阪に取材した作品を中心に、約20点の展覧です。
都市の景観が作り出すふとした瞬間の美しさや感動。様々に変化する表情が独自の切り口で描かれています。

<大丸松坂屋名古屋店南館6階美術画廊>

◆巡回展は次の通りです。
 大丸神戸店7階美術画廊 2011年5月4日(水)~10日(火)
 大丸心斎橋店南館8階美術画廊 2011年6月22日(水)~28日(火)

◆名古屋松坂屋美術館では第66回春の院展が次の通り開催されます。
 4月16日(土)~4月24日(日)9日間

日本芸術院会員 中路融人日本画展 2011年3月24日(木)~29日(火)

店舗リニューアルオープンに伴い、中路融人先生に描き下ろしの新作約20余点を特別にご制作いただきまして、記念展を開催いたします。
北陸とも縁深き先生の作品の数々を、大作・屏風なども含めて展観いたします。

<大和/高岡>

―太陽と空と翼― 村上裕二日本画展 2010年11月10日(水)~20日(土)

日本画の次の時代を切り開く、院展同人 村上裕二先生の大阪では初となる個展。
渾身の描き下ろし作品12点を展観いたします。

<太陽画廊/大阪>

日展評議員就任記念 高越甚日本画展 2010年11月10日(水)~16日(火)

富山県出身の作家、高越甚先生の日展評議員就任を記念した新作・回顧展。
故郷富山から京都、そして現在に至る旅路の途中、雄大で奥深い自然に魅了され、そこに自らを重ね合わせて描いた作品の数々。
日展出品作をはじめ、新作35点を加えて展示いたします。

<高岡大和>

京阪電車開業100周年記念 京の日本画展 2010年10月28日(木)~11月2日(火)

京都は古来より、絵師たちが活躍し、美の華を咲かせ、競い合い、現在に至るまで多くの芸術家、日本画家を育んできた地です。その伝統と革新の気風は現代の京都日本画にも脈々と受け継がれています。
古都京都と水都大阪を結んでまいりました私どもでは「京都日本画」の現在を、俯瞰する形でご紹介させていただきます。
この展観が、私達の地域文化の再発見、そして微力ではありますが振興となれば、かけがえのない財産の創出であると確信いたしております。

<京阪/大阪>

Top